リドカインによる早漏改善の徹底解明

リドカインによる早漏改善の徹底解明

早漏改善にはリドカイン

人には様々なコンプレックスがあります。男女問わず特に多いのが、性に対するコンプレックスです。男性であれば陰茎が小さい、包茎、女性であれば胸が小さい、陰毛が多いなど様々ですが、早漏をコンプレックスに抱え悩む男性は多いと言われています。
早漏とは性行為中、女性が性的に満足しないうちに男性が射精をしてしまうことを言います。
早漏の治療法としては多々あるのですが、現在では海外医薬品による治療法があります。リドカインと言う医薬品です。夏場など虫に刺された際にかゆみ止めの薬にも配合されていて実はポピュラーな薬なんです。
それが何故、このリドカインは早漏改善の薬として使われるのか。実は局部麻酔薬として医療現場でも多く使用されており、麻酔をかけたい部分に塗り込むことで感覚を麻痺させる効果があります。これを利用し、陰部へ塗ることで性行為中、特に敏感なペニスへの刺激を麻痺させ射精を遅らせる働きがあります。また内服薬ではなく直接塗り込むもので副作用もなく無色無臭なのでパートナーに嫌がられることもありません。ですが、塗った後は必ず洗い流したうえで性行為にのぞまなくてはなりません。洗い流さずそのまま行為にのぞんだ場合、女性の膣内にも薬の効力が浸透してしまい、女性側も感覚が麻痺してしまい性的な刺激に鈍感になってしまいます。
大きさも手のひらサイズですので外出時の利用などにも便利で使い勝手の良い医薬品です。
中には挿入前にコントロール出来ず射精をしてしまう重度の早漏の方も世の中にはいらっしゃいます。その方の場合には併用してタダポックスと言う早漏改善のための医薬品を服用をオススメしています。
これに含まれる成分ですが、元々は抗うつ剤として使用されていたこともあり、セロトニンの取り込みを阻害・抑制する働きがあります。それにより性行為中の脳への性的刺激の伝達を遅らせることで射精を遅らせる効果があります。
このタダポックス以外にもポゼットやED治療薬の成分も配合された治療薬が海外医薬品では数多くあります。
医薬品を使った方法以外にもスクイーズ法やセマンズ法などもあります。射精しそうになったら行為をとめ我慢をしてコントロール出来るようにする方法です。セマンズ法はパートナーと協力することで早漏を治療するトレーニングです。
トレーニングでの治療には時間がかかり、努力をせずに手軽に簡単に改善したい方は海外医薬品の使用をすすめます。